Oswald Regular
OpenSans Regular
Ab Initio
正しいエンタープライズコンピューティング

業務データ処理アプリケーションの理解と実装に役立つテクノロジはたくさんあります。

使いやすいもの。

効率的なもの。

堅牢なもの。

オープンなもの。

ユーザーの生産性を高めるもの。

スケーラブルなもの。

非常に複雑なロジックを処理できるもの。

バッチ処理に適したもの。リアルタイムに処理するもの。

...挙げていけばきりがないのは、おわかりでしょう。

それらのテクノロジはさまざまで、長所もまちまちです。しかし、Ab Initioがこれら他製品と違うのは、これらの長所を“すべて兼ね備えている”ところです。

Ab Initioは、ファイル、データベーステーブル、メッセージキュー、Webサービス、およびメタデータを単一のアーキテクチャで処理できます。この単一のアーキテクチャが、実質的にどのような実装ルールや業務ルールでもグラフィカルに定義でき、共有し、そして、実行します。複数のプロセッサにまたがって(それらが異なるサーバー上にあっても)並列にデータを処理します。同じルールをバッチまたはリアルタイムで実行することも、サービス指向アーキテクチャ(SOA)として実行することもできます。また、アプリケーションの監視/警告と併用するための分散チェックポイントとその再開をサポートしています。さらに、この単一アーキテクチャは、技術者でなくても、エンドツーエンドのメタデータ収集と、そのバージョン管理や分析を行うことを可能にします。

この単一のアーキテクチャこそ、Ab Initioを“汎用データ処理プラットフォーム”と位置づけるものです。ユーザーは仕事をこなすために、さまざまな技術要素を切り貼りする必要がありません。すべてのAb Initio製品は、単一処理プラットフォームを形成するように“始めから”設計され、マーケティング的に統合したと言っているのではなく、“本当に”完全に統合されています。

Ab Initioのアーキテクチャの素晴らしさは、広範囲にわたるテクノロジと膨大な機能が単一アーキテクチャの土台の上に構築されていることからも明らかです。これらの機能は、以下の一般的なカテゴリに分けられます。

  • アプリケーションの仕様記述、設計、および実装
  • 業務ルールの仕様記述および実装
  • “単一”のエンジンにより多種多様なアプリケーションを実行する
  • アプリケーションの編成(オーケストレーション)
  • 運用管理(監視、スケジューリング、その他)
  • ソフトウェア開発のライフサイクル管理
  • メタデータの抽出、分析、および表示
  • データの管理(大容量データストレージ(数百テラバイトからペタバイトまで)、データの可視化、分析、品質、マスキングを含む)
English
Français
Español
Deutsch
简体中文
言語:
日本語