Oswald Regular
OpenSans Regular
老舗の難題
グローバルな運送会社: 金食い虫の課金請求システムからの脱却

住み替えについて考えてみましょう。有能な家族でも、やがては継ぎはぎだらけの今にも壊れそうな古い家に住まざるをえなくなってしまう場合があることをご存知でしょうか?実はそこには共通のパターンがあります。まず、彼らは多少の問題を抱えた物件であっても、時間とお金を費やせば修復できると考えて、気に入った家を手に入れます。しかし、やがては雪だるま式に増え続ける問題に圧倒され、引っ越さざるを得なくなります。ところが、今までの家に多額の投資をしてきたため、次の家のための資金は限られ、結局はまた問題がある別の古い家を購入することになります。この繰り返しです。引越すたびに欠陥箇所の対応のための費用と労力は増し、次の引っ越しはさらに難しくなります。

お金だけではありません。人間とは、維持を繰り返すことに慣れ、長い間手をかけてきたものに愛着が沸いてくるものです。もっと良いものが存在することを想像すらできない場合もあります。そのため、代替案を探すこともなく継ぎはぎを続けようとします。

ITシステムでも同じことが頻繁に起こります。唯一の違いは、企業全体が巻き込まれるのでコストが膨大になることです。しかし、ときどき新しいメンバーがチームに加わると、新しい視点から、今まで行ってきたことを皆に気づかせることができます。これが、あるグローバル企業である大手運送会社の状況でした。会社に入るすべての収益が通過するゲートウェイである古い課金請求システムは、もはや効率的に機能しなくなっていたのです。

維持費がかさむ非効率的なシステム

この顧客は、最初に独自の課金システムを構築しました。しかし、長年にわたる急成長を経験したこともあり、この会社は大手のシステムインテグレータに外注することにしましたが、システムインテグレータによるシステムの改変は幾度となく行われたため、数千万ドルのコストがかかってしまいました。システムの一部は改善されましたが、結果的に管理と拡張のための変更が難しくなりました。そして、同じような問題を繰り返し修正する悪循環に陥り、時間を費やしても事態は一向に改善されませんでした。

時間の経過とともに、システムを維持する負担が半端なものではなくなってきました。数百万の項目を夜間に処理する必要があり、今のシステムはとてもそれに対応できなくなっていたのです。この事実は収益に直接的に打撃を与え、それはだれの目にも明らかでした。システムの維持費も多大な影響を与えました。毎日発生するアプリケーションの問題を処理する専任の社員を100人も必要としたのです。それでもなお、この会社は何年もシステムに継ぎはぎをし続けました。何か別に、他のもっと良いものがあるかもしれないことすら想像できません。システム作業員たちも、自分たちを必要としない世界のことなど真剣に考えようとはしたくありませんでした。

新しい時代の幕開け

ところが、新しいシニアマネージャの出現により事態は一変します。このマネージャは、自身の経験からAb Initioを使用してシステムの改良を達成できることを知っており、システムを一から再構築しようとしました。彼は世の中には何か別の、もっと良いものがあることを知っていました。しかし激しい反対にあい、あらゆる弁明や議論が行われました。「うまくいくとどうしてわかるのか」、「ソフトウェアが高すぎる」、「全員を再教育しなければならない」、「ミスは許されない」、「非常に長い時間をかけて構築した現在のシステムへの投資を無駄にできない」、「Ab Initioが役に立つとどうしてわかるのか」、「Ab Initioに詳しい人がいない」....このような反応もマネージャは以前に経験していたので、とにかく前に進むことにしました。

6か月間、4名の開発者、2名のAb Initioコンサルタント、要したのはそれがすべてでした。アプリケーション全体を複製して、テストし、運用環境に導入しました。この新しいシステムは、古いシステムと全く同じ結果を、エラー無しで出すことを検証しました。Ab Initioの強みの一つであるスケーラビリティにより、すべての請求は当日の晩のうちに処理され、キャッシュフローに顕著な効果が現れました。これと同様に重要な点は、顧客が今まで支払っていた有名な処理ユーティリティのライセンス費用よりもAb Initioのソフトウェアライセンスの方が安かったことです。Ab Initioソフトウェアを使うことでこのユーティリティは使われなくなり、継続的にシステムを維持するための100人の作業員も必要なくなりました。ソフトウェアの堅牢性の高さと使いやすさから、必要な作業員は15人だけで済んだのです。残りの85人を、会社にとってより価値のある他の業務に従事させることができるようになりました。

壊れそうな古い家から人々を立ち退かせることは簡単ではありません。しかし、より良い家に移ったとき、彼らは二度と古い家に戻りたいとは思わないでしょう。

English
Français
Español
Deutsch
简体中文
言語:
日本語