Oswald Regular
OpenSans Regular
配送方法の最適化
大規模小売業で店舗への配送方法を見直す

ある大手大規模小売業では、さまざまな製品ラインの統合を検討する上で、業界共通の重大な問題を抱えていました。各製品ラインごとの業務の本質は似ているにもかかわらず、それらは独立した配送インフラを持つ別々の事業体になっています。各事業は未加工の食品材料を調達し、加工食品の製造を行う工場に輸送し、倉庫および配送センターに輸送し、最終的に店舗に配送します。残念ながら、事業所ごとに独自の輸送ネットワークがあるため、それぞれのトラックが同じ場所に向かったり、空のまま無駄に走るトラックもありました。そして、世界で最大級のトラック輸送車両数を保有することとなり、無駄なトラック移動も急激に増えていきました。その結果、その大手消費財会社はただ大金を費やしていました。

初期考察

その会社では、最初Javaを使用して新しいアプリケーションを一から構築することを検討しました。しかし、設計が進むにつれ、要件があまりに複雑なため、長期間を要するハイリスクの巨大プロジェクトになることがわかってきました。早く解決策を見つけなくてはコストがかかり続けることになります。一方、システムで失敗した場合にはコストはさらに膨らみます。適切な種類および量の商品が店舗になければ、収益は大きな打撃を受けます。そこでこの問題を解決するため、Ab Initioに声がかかりました。

新しいアプリケーションには多くの要件がありました。まず、各部門に完全に統合される必要があります。各部門の注文システムとのインターフェイスが必要で、トラック、工場、倉庫、配送センター、および店舗のさまざまな詳細情報を解釈して処理する必要があります。輸送に関係する商品のさまざまな面を認識しなければならず、トラック運転手が計画的な出荷に参加できるようにする必要もあります。積荷伝票と、どのトラックにどの商品を積荷するかを指示する作業員向けの指示書を作成するために、すべての集荷所にアプリケーションを接続しなければなりません。さらに、サードパーティの最新式の最適化システムにデータを提供し、またすべての関連部署に最適化された計画を伝える必要があります。このアプリケーションは文字どおり配送すべての中核です。さらに業務は毎日24時間遂行されているため、年中無休のリアルタイムで運用されるシステムでなければなりません。

短期間の開発と新しい解決策

このようなアプリケーションの構築には多くの労力と人員が必要であると思われるかもしれません。しかし、Ab Initioでは大規模アプリケーションであってもその心配は不要です。1名のAb Initioコンサルタントが、Ab Initioソフトウェアの使用経験のない顧客側のアプリケーション開発者で構成された少人数のチームに対し、アーキテクチャ、実装、および必要なOJTのサポートを行いました。

一般的なメッセージ処理製品が使われた顧客のエンタープライズメッセージバスとのインターフェイスで、Ab Initioは再び予想外の成果を見せます。標準的なアプローチは、それぞれがバスに対してメッセージを読み書きする多くの小さいプログラムにアプリケーションを分解する方法です。これらの小さいプログラムはすべて一貫して動作する必要があり、そうしないと全体としてシステム障害を切り抜けることができません。システムアーキテクトおよび開発者には堅牢性を確保する責任があるため、どうしても大量の追加のコード記述やテストが必要になります。さらによくあることですが、すべての障害を予測できなかった場合、何が起こるかは明らかです。

一方、Ab Initioアーキテクチャにはあらゆる障害を処理するための堅牢性機能が用意されています。その結果、アプリケーションは業務のプロセスとロジックをグラフィカルに表現するいくつかの“グラフ”に集約されました。すべての処理は完全にAb Initioで構築されました。従来のコード記述は必要なく、堅牢性が既に組み込まれているため、システムは本質的に堅牢です。

このプロジェクトは開始から終了まで1年かかりませんでした。顧客はシステムが稼働し問題なく動作しているのを見て、非常に驚き、喜びました。通常、新しいシステムにはたくさんの“初期問題”が伴います。しかし、Ab Initioによりアプリケーションが大幅に簡素化され、障害処理が組み込まれているため、通常経験する初期問題はありませんでした。

先見の明

その会社では、すべての部門に新しい輸送最適化システムをデプロイし、数千万ドルものコストを削減できました。プロジェクトマネージャは上席副社長に昇格し、CIOステータスミーティングで同僚がシステムの問題点の話に終始していたのに対し、自分はAb Initioで構築している次のプロジェクトの予定について語ったとうれしそうに話してくれました。

English
Français
Español
Deutsch
简体中文
言語:
日本語